今日も まっ晴れ!

主に古い鉄道写真をアップしています。

斜光線に輝いて

撮影:1973年8月


特急《出雲》仕様のDD54 34がローカル列車を牽いて温泉津駅に入って行きます。

1972年10月に米子区のDD54が3両(16・17・30)も福知山区(播但線の無煙化用)に配転されにも係らず、1973年春には出雲市-浜田間にあった唯一の下り蒸機列車833レが無煙化され、島根西部にもDD54牽引のローカル列車が目立つようになっていました。
近頃の鉄道専門誌では、DD54が特急《出雲》の運用から外れたのは1974年春となっています(1970年代後半に出版された鉄道専門誌では《出雲》からの引退は1973年春となっています)が、この頃からDD54が特急《出雲》を牽く姿を見掛けることが少なくなり、1973年夏以降は遂に一度もDD54が《出雲》を牽くのを見る事はありませんでした。


544レで米子まで行った浜田区のC57は、1973年春には833レの運用から外されて、出雲市からは単機で浜田まで帰区するようになりました。


当時、ディーゼル機関車の数にそんなに余裕があるとは考え難いにも係らず、真昼間にC57をなにもわざわざ単機で帰さなくても良いのになぁ・・・と思いながら、恨めしく単機回送のC57を見送ったものです。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。