今日も まっ晴れ!

主に古い鉄道写真をアップしています。

マンモス機EH10のこと

昭和48年ごろ、貨物列車牽引機の中でも一際異彩を放っていたEH10

車体の大きさや無骨さ・カラーリングから「熊ん蜂」とも呼ばれていました。

気動車特急《まつかぜ》と並んでもキハ82がまるまる一両分が隠れてしまうほどの長さで、その大きさが想像されます。

初期型はパンタグラフが車体中央寄りに配置されています(EH10 3)


撮影の昭和48年頃でも運用は少なくて、来る貨物列車の殆どはEF60やEF65の牽引でした。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。