今日も まっ晴れ!

主に古い鉄道写真をアップしています。

D511のこと

撮影:1972年 8月 9日
普通貨物列車861レが鎌手駅で貨車の入れ替え作業をしているのが見えています。この861レは時刻表では鎌手駅が通過になっているのですが、以前にも鎌手で貨物の入替をしていたので、どうやら荷物がある時は停車して入れ替え作業をするようです。牽引機はD51の初期型(ナメクジ)であるのが確認できたので、これはD51のトップナンバーの可能性が大です。大慌てで鎌手から石見津田方面に向かい、線路際で861レがやって来るのを待ちました。

やがてカーブの向こうの踏み切りが鳴り出して861レが滑るようにして現れました。牽引機はD51の1号機であるのがはっきりと確認でき、この時ばかりは言い表しようのない感動を覚え、今でも忘れることができません。

カーブを曲がってきたD511を先ず三脚に据えた望遠レンズをつけたカメラをエアーレリーズを介して一枚撮り、すかさず手持ちのカメラで無事に撮れた時は喜びで思わず小躍りしてしまいました。
後から考えたら綺麗な日本海をバックに撮れた場所もあったと少し後悔しましたが、この時はそんな事を考える余裕などなかったのですから仕方ありません。


この861レは益田駅に2時間停車して、その間に貨物の入替作業をするのは知っていたので、益田駅の西側にある国道9号線の陸橋の上に移動して一人でD511の撮影をじっくりと楽しめました。

益田駅構内のD511。後ろには山口線のD51貨物列車や構内入れ替え用のC56の姿も見えています。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。