今日も まっ晴れ!

主に古い鉄道写真をアップしています。

山陰本線の名勝

今や山陰本線を代表する名所の五十猛-仁万の田尻海岸を見下ろせる丘ですが、現役蒸機が走っていた頃、この丘は何方も来られないような全く無名な所でした。

但し、別冊週刊読売1971年7月号に広田尚敬氏が中望遠レンズで同所からと思われる写真を掲載されて居られます。


同じ五十猛-仁万間の名撮影場所と言えば

宅野の大築堤が有名で、同区間へ時間を作って訪れるならば殆どの方が宅野の築堤を目指したものです。


そう書くと「そんな事ないよ!私も田尻海岸の所で撮った事があるよ。」と言う旨の投稿や写真を戴くことがありますが


殆どが国道からの間に合わせ撮影で、良くても有名になった丘の東側の一段低い丘からの撮影と思われるものばかりです。これらの場所からは、当時ハエタタキの電線が列車に被るので敬遠されていたようです。
もっとも、これだけ近い所に行きながら現在の有名地に赴いていないと言うのは、それだけ例の丘はメジャーじゃなかった事の証しなんですね。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。