今日も まっ晴れ!

主に古い鉄道写真をアップしています。

木製の防風柵

室蘭本線と千歳線の併走区間の沼ノ端-遠浅(植苗)間にはウトナイ湖からの季節風を防ぐために間伐材の丸太とムシロで組まれた防風雪柵が設置されていました。


夕張地区から石炭を満載したD51運炭列車がやって来ました。



夕陽の中を運炭列車と普通貨物列車が轟然とすれ違います。


蒸機終焉期にも係らず、非電化の複々線区間に、蒸機全盛時代の雰囲気を少しだけ味わえる風景でした。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。