今日も まっ晴れ!

主に古い鉄道写真をアップしています。

原色DD51重連 岡見貨物

山口線 日原-青原の高津川に架かる橋梁(吉賀川橋梁?)は、岡見貨物にとって上り列車も下り列車も共に、とても印象に残る風景を創りだしてくれました。

      

         5675レ   2012年 8月 22日



    5676レ   2012年 8月 20日



     5676レ   2012年 8月 21日


山陰本線 益田駅のC56とヒ600

とあるブログの中で、山陰本線 益田駅のC56の記事があって、HNがD518〇〇何某と言う方が「C56は三江北線では?」と言うコメントが添えられていた事がありましたが、三江北線の運用とは関係なく益田には確かにC56が居ました。

撮影:1971年8月15日


益田のC56は常にヒ600と言う少し風変わりな貨車を従えて構内の入れ替え作業を行っていました。


益田に居たC56は浜田機関区所属のC56で

週に一度(確か水曜日)の交番で
朝の2765レD51の次位に連結されて浜田から益田に送られ↑


同日 昼の876レで、それまで益田に居たC56が浜田区に帰されていました↑
撮影:1973年3月


それ故、益田駅構内には常にC56の煙が立ち上っていました。
益田支区に駐留していたD51は山口線用の津和野区のD51です。

益田のC56の相棒ヒ600(ヒ716)は控車と言われるだけあって独特な形をしており、また様々なバリエィションがあったようです。